NEWEST MODEL / ソウル・サバイバー (1998,Japan)

ソウル・サバイバー

ソウル・サバイバー

 

大学生の頃、ニューエスト・モデルが好きで、ライブにも何度か行ったこともある。インディーズ時代の「センスレス・チャター・センスレス・フィスツ」「プリティ・ラジエーション」、メジャーの「ソウル・サバイバー」「クロスブリード・パーク」の4枚は随分愛聴した。

しかし、ラスト・アルバム「ユニバーサル・インベーダー」とソウル・フラワー・ユニオンになっての1st.「カムイ・イピリマ」は、あまり良いと思えなかった。(*「カムイ・イピリマ」は、実質はメスカリン・ドライヴのラスト・アルバムだが)

当時20代前半だった僕には、「世界市民はすべての旗を降ろす」などのいかにもな歌詞が野暮ったく思えたのだ。それでもアルバムの解説で紹介されていたアイヌ関係の本を読んでみたりはしたのだが。

あれから20年以上。中川さんのやってきたことを見て、今なら素直に良いと思える。

広告を非表示にする