The Willard / Good Evening Wonderful Fiend(1985,Japan)

高校2年の時、心斎橋のキングコングまで買いに行った、思い出深い1枚。当時、日本のインディーズ・ブームで、僕はそれにはまりまくっていたのだ。

前にラウドネスの時に書いたように、学校の音楽好きの友達はみんなメタルだったけど、当時の僕には日本のパンクを中心とするインディーズ・シーンが一番カッコ良く思えた。

と言っても、ライブハウスに行くわけでもなく、パンク雑誌「DOLL」を読んで、レコード買ってただけのオタクなんですけど(笑)。しかも、高校生の小遣いで買えるレコードなど限られているし、もちろん今みたいにYouTubeもないし、実際はDOLLで見て名前は知っているけど、音は聞いたことがないというのが大半でした(笑)。

高校の時、レコードを買ったと覚えているのは、ウィラード以外は、スターリンINU、スタークラブ、ラフィン・ノーズ、スワンキーズ、原爆オナニーズあぶらだこ、ガスタンク、ニューエスト・モデル死ね死ね団、ハニー・ディープ・ウェットなど。ハードコア・パンクは、リップクリームぐらいしか聞いていなかった。あとパンクに入るか分からないけど、タコ、連続射殺魔、ハナタラシ、YBO2、ZOA、Gシュミットも買った。

今見ると恥ずかしいけど、このNHKの特別番組「インディーズの襲来」は懐かしいなあ。↓

じゃがたら、フールズ、山口冨士夫なんかも同じ頃に買っていて、その影響で徐々に好みが黒っぽい音楽に変わっていき、大学に入って、じゃがたらのライブに通うようになってからは、更にファンク、ワールド・ミュージックなどに傾倒して、パンクとはすっかり疎遠になってしまったけど、でも、今でもこのアルバムは好きです。

30年経って懐かしいってのもあるんだろうけど、他のパンクのアルバムは聞き返さないので、やはりこのウィラードには思い入れがあったのだろう。しかし、歌下手だなあ(笑)

DVD付の再発盤が出ているらしい↓

GOOD EVENING WONDERFUL FIEND(紙ジャケット仕様)(DVD付)

GOOD EVENING WONDERFUL FIEND(紙ジャケット仕様)(DVD付)

 
広告を非表示にする