読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイ・オールタイム・ベスト10

▼マイ・オールタイム・ベスト10
(順位はありません。1年後に選んだ時はまた変わっていると思います。)

 

●南蛮渡来/暗黒大陸じゃがたら

南蛮渡来

南蛮渡来

●君と踊り明かそう日の出を見るまで/じゃがたら

君と踊りあかそう日の出を見るまで

君と踊りあかそう日の出を見るまで

●ニセ予言者ども/じゃがたら

ニセ予言者ども

ニセ予言者ども

*この3枚は、もう25年位変わっていない一生聴き続ける大愛聴盤。もう今更説明するまでもないでしょう。じゃがたらは僕の永遠のNo.1。もし僕が死んだら誰かCDかレコードを棺桶に入れてください。(根本敬つげ義春の漫画も入れて下さい!)
ちなみに、じゃがたら最後の2年(1988~89年)はライブに通いまくりましたが、レコードよりはるかに凄かった。それが今の若い世代に伝えられないのが、残念で仕方ない。

 

 
●Sooner or Later/ガセネタ

Sooner or Later

Sooner or Later


*一昨年出たBOXセットも良いですが、やはり長年聴き続けたこれを。

山崎春美は僕の世代だとタコが中学生の頃。レコードでは聞いていたが、ライブを見たことはなかった。なので、昨年の活動再開は嬉しい限り。(ちなみに、去年の根本敬さんの夜間中学で、初めて生山崎春美を見て感激!)

 


●不失者(1st.)/不失者

不失者

不失者


*昔からもちろんその名前は知っていたが、聴く機会がないままいた。(ちなみに僕が中学高校の頃=80年代半ば、灰野さんはほとんど活動を休止していた) それが、熱狂的に好きな友達の影響でライブに行き、その後はまりました。
 


●Return Visit To Rock Mass/Maher Shalal Hash Baz

http://www.discogs.com/Maher-Shalal-Hash-Baz-Return-Visit-To-Rock-Mass/release/1305819


*1990年の江戸アケミさんの死後ずいぶん長い間、あまりのショックに僕は音楽を殆ど聞かなくなってしまった。(就職して忙しくなり、ライブに行けなくなったという理由もあるが)
それが、海外放浪旅から帰国した1999年頃、初めてPCを購入し、ネットで色々情報を得るようになり、30歳過ぎて音楽熱が再燃。そのきっかけになったバンド。

 


●エンジェリン・ヘヴィ・シロップⅡ/エンジェリン・ヘヴィ・シロップ

II

II


*エンジェリン・ヘヴィ・シロップは4枚どれも甲乙つけがたい名盤。もう活動再開することはないだろうが、一度もライブを見なかったことを激しく後悔。

 


●Terminal Love/Peter Ivers

Terminal Love

Terminal Love


*以前にも書きましたが、かなり昔、友達にクルマの中で聞かせてもらった時、「イマイチ」と言ってしまったことを深く反省しております。

 


●Now/Kim Jung Mi

Now

Now


幻の名盤解放同盟「ディープ・コリア」の影響で、シン・ジュンヒュンやサヌリムなど韓国ロックにはまり、初めて渡韓したのが、21年前。しかし、名盤と聞いていたキミ・ジョンミ「Now」は見つけられず、その後、再発盤でようやく初めて聞けました。

 


●廃盤観光列車/幻の名盤解放同盟

http://www.showapops.com/wiki/index.php/%E5%BB%83%E7%9B%A4%E8%A6%B3%E5%85%89%E5%88%97%E8%BB%8A

*僕が大学生の頃は、まだ幻の名盤解放同盟のCDは発売されておらず、今のように知られてはいなかった。だから、三軒茶屋フジヤマの根本敬フェアで配っていたこのカセットで初めて聞いた時は本当に衝撃でした。
藤本卓也、マリア四郎、原きみ子(男女物語!)、海道はじめ(スナッキーで踊ろう!)、東郷健勝新太郎、シン・ジュンヒュン、サヌリムなど、今思えばベスト・オブ・同盟という内容。
ちなみに、これをバイト先の店で当時よくかけていたが、一緒にバイトしていた女の子からものすごく嫌がられました(笑)。

広告を非表示にする