ジャックス / ジャックスの世界 (1968,Japan)

ジャックスの世界

ジャックスの世界

 

初めてジャックス及び早川義夫の名前を知ったのは、遠藤みちろうのカセットブック「ベトナム伝説」で「割れた鏡の中から」のカバーを聞いた時。高校1年(1984年)だった。

今でこそ、今更紹介するまでもないほど、日本のロック大名盤とされている、このアルバムだが、当時、ジャックスのレコードはすべて廃盤でかなりのプレミアが付いており、全く入手出来なかったものだ。

ところが1985年に突如、「Legend」というベスト盤が発売された。ジャックス再評価と雑誌で取り上げられ、NHK‐FM「渋谷陽一のサウンド・ストリート」で特集されたのもよく覚えている。そのラジオを録音したカセット・テープは未だに持っているのだが、何とYou Tubeにも音源があり、驚いた!↓

ジャックス解散後に早川義夫が著した「ぼくは本屋のおやじさん」を読んだのは大学に入ってからだろうか。

レイモンド・マンゴーの著書から取った「就職しないで生きるには」という、この晶文社のシリーズに、僕は随分と影響され、29歳で脱サラして世界を旅し、35歳頃から「就職しないで生きる」ことを本当に実践し始めたのだ・・・

今風に言うとイタい人だったのかもしれないが(笑)、その話は長くなるのでまた別の機会に。

ぼくは本屋のおやじさん (就職しないで生きるには 1)

ぼくは本屋のおやじさん (就職しないで生きるには 1)

 

 

↓ ジャックス / 腹貸し女(若松孝二傑作選3) (1968)

http://matatabido.hatenablog.com/entries/2013/05/04

広告を非表示にする